スポンサーサイト
--/--/-- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告 | ↑top
ブログの師匠
2006/01/27 03:07
日本ブログ大賞というブログ祭りがある。

とは言っても、僕自身は参加していない。



その祭りに奇遇にも、僕が勝手に心の師と仰いでる

二人のブロガーがエントリーした。




まず一人目は、僕の心の友人であり、浪人留年大学生の

まれ男さんの非モテ系の生態

というか、僕が推薦した。





半年前に僕がわけもわからずブログを始めて

路頭に迷いながら雨に濡れていた時。

手を差し伸べてくれたのは彼だった。



彼はHMV(非モテ系メンバーズビレッジ)という

一種のコミュニティ的なものの長でもある。




忘れもしない、7月某日。(やっぱ忘れてた)

彼のブログに一目惚れした僕は

半ば無理矢理にそのコミュニティにもぐりこんだ。



当時アクセス数が50にも満たなかった僕のブログ。

彼はそんな僕に「面白い」と声をかけてくれた。



自分が師と敬う人にそう言われた僕は

一人、部屋の隅でニヤニヤしたのを憶えている。



今思えば、それは単なる社交辞令だったのかもしれない。

しかし、その一言に僕は救われた。




僕が現在ブログを続けられているのは

彼のおかげと言っても過言ではない。








いや、過言であった。









もう一人は、あのミズノンノ氏が開催した

L-1グランプリ「最強の恋文王決定戦」

優勝者ウチダさんのそう、妄想も嘘。





とにかく、彼のブログは面白い。

面白すぎて、悔しくなることすらある。



彼のブログも、忘れもしない7月某日(やっぱり忘れた)から読んでいる。



ウチダさんとは交流はあまりなかったが

先日メールを送りつけて、見事交流を果たすことが出来た。



日記系のブログが飽和状態の現在のブログ事情において

完璧に「笑わせるテキスト」を作り続ける彼は、僕の大きな目標でもある。




と、ここで僕がべた褒めしても

彼のブログが安っぽくなってしまうのでやめておく。




彼らに共通しているのは

画像を一切使わず、完全に文章のみで笑いをとれるという事。

そして、非常に悔しいことではあるが

僕よりも底抜けに面白いという事である。





まだ立ち寄ったことのない方は

非モテ系の生態

そう、妄想も嘘。

へ立ち寄って欲しいと思う。





それで、何かを感じてもらえたら

「非モテ系の生態」投票ページ

「そう、妄想も嘘。」投票ページ

上記から投票していただきたい。






投票までに何度か手順を踏むので

少しばかり面倒なことではありますが

僕の師匠である人たちへ、心温まる一票をお願いします。




ならびに、まれ男兄貴、うっちーさん。

僕のような若輩者が、何の連絡もせずに

このように勝手な宣伝をしたことをお許しください。





なにぶん、僕もテスト期間であって、普通に更新できないのです。





   
↑8位        ↑18位

こちらの方もよろしければお願いします。
スポンサーサイト
別窓 | 駄文 | コメント(12) | トラックバック(0) | ↑top
| 虚言症の戯言 | 次ページ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。