スポンサーサイト
--/--/-- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告 | ↑top
ぶたごりら
2005/10/21 01:29
キテレツ君の友達、ブタゴリラ。

よくよく考えてみるとひどいあだ名だ。

ブタ+ゴリラって。

まさに科学生物、キメラ。


ブタとゴリラがブレンドした生き物なんかに、人間が勝てるわけない。

ましてやネギ坊主が呼び捨てしてはならない生き物だ。


もはや人間ではない。

人類は彼を止めることが出来るのか?

やつの生態を研究しなければならない。



そこで

「不思議大好き!ミステリーサークル」

(部員一人)の幹事長の僕は

ブタゴリラという生物の出生の秘密を独占入手した。




家畜代表のぶたさん。

霊長類最強のごりらさん。

その交尾(せっくす)の情報を当局はキャッチした。



「ぶた子、お前と交尾してるといつも食べたくなっちゃうんだ」

「ごり男さん、だからいつも噛み付いてたのね」

「すまん、性欲よりもいつも食欲がわいちゃうんだ」

「でもいいわ。あなたのそういう野生的なところに惚れたんだもの」

「…ぶた子。科学実験のためなんかじゃなくて、本当に愛してるぞ」

「ごり男さん…本当に?」















本当だ…
















どうやらごり男は、ぶた子とは報酬のために交尾したらしい。




科学生物ブタゴリラ。

悲しい出生の話。







スポンサーサイト
別窓 | 戯言 | コメント(36) | トラックバック(0) | ↑top
| 虚言症の戯言 |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。