スポンサーサイト
--/--/-- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告 | ↑top
逆ナンパ
2005/10/24 15:19
ナンパ。男の浪漫。

女性だと「逆ナンパ」になることからも

ナンパは男のものだということが伺える。



なかなか女の子に言い寄られない僕だが

先日「逆ナン」なるものをされた。



その女性はよく見かける人だった。



「ねえねえ。背、おっきいね。いくつあるの?」

「186っす」

「すごーいね!」


初めて喋る人とは、大抵こんな会話をする。


「学生?」

「はい。○○っす」

「へー立派だね」



ここら辺ではわりとまともな大学。

しかし学生の9割は、滑り止めでやむを得ず入ってしまった大学。


「お腹減ってない?何か食べる?」

「いや、さっき食べたんで大丈夫っす」


これは本当。ご飯食べたばかりでお腹は減っていなかった。


「そう。一人暮らしでしょ?困った時は言ってね」

「はい。ありがとうございます」




その時、彼女を呼ぶ男の声が聞こえた。









「おばーちゃーん。まだ帰らないの?」











病院で起こった小さなラブストーリー。







彼女の髪は、紫色だった。











欲しがりません、勝つまでは

スポンサーサイト
別窓 | 体験 | コメント(35) | トラックバック(0) | ↑top
| 虚言症の戯言 |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。