スポンサーサイト
--/--/-- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告 | ↑top
男泣き
2005/11/14 17:58
ふと 涙がこぼれてきた。

男は何時如何なる時も、人前で涙を流してはいけない。

例えそれがどんなにつらい時でも。




そんなことはわかっていた。




「もうダメだね」

そう言われた時は何とも思わなかった。

まぁ大丈夫だろう。すぐに元通りになるだろう、と。




でも現実は違っていた。

いざその時を迎えてみると、知らぬ間に涙が出ていた。

堪えれば堪えるほど、その涙は頬を伝った。




「大丈夫?」

慰めの言葉も、どこか遠く聞こえていた。




ずっと大切にしていたのに。

守ってあげていた筈だったのに。

それは僕の勘違いだった。






何も知らずに暮らしていた。

傷つけていたことにも気付かずに。





ごめんね。






身に染みてわかったよ。














虫歯治療、マジ痛い。














スポンサーサイト
別窓 | 詩集 | コメント(20) | トラックバック(0) | ↑top
| 虚言症の戯言 |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。