スポンサーサイト
--/--/-- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告 | ↑top
絶世の美女
2005/12/07 22:35
先日(といっても結構前)、合コンをした。

まれ男教授の合コン学

合コンについてのイロハを復習。



相手は看護学生。

やってきた女性の中には絶世の美女がいた。





(イエスッ!)




軽い自己紹介が終わり。

恒例の席替えタイム。

5:5の男女が入り乱れる。




その中でも僕的に№1の女性が目の前に座に。

しかし、横に来たのはガンダム×2機。







「そのモビルスーツはどこに売っているんですか?」





出かかる言葉を抑えるのに必死だった。







しかし、目の前には絶世の美女、えみちぃ(仮)。

ここぞとばかりにえみちぃに話しかける。



「歳、いくつですか?」

「21だよー」

「あたしも21だよ☆」







ガンダム、お願いだから黙っててくれないか。





お酒が入ると当然トークも弾む。

調子に乗った僕はえみちぃの隣へ行く。



もうね、やばいっす。

可愛くて可愛くて。



番号聞こうと思ったけれども

自分から番号聞くのは苦手な僕。



そうこうしているうちに合コン終了。

結局番号を聞くことは出来なかった。



でも聞きたいことはもう一つあった。









「鼻毛、出てますが大丈夫ですか?」








その鼻毛 出てると僕が 言ったなら 恐らくあの日は 鼻毛記念日

                   ぱい









クリスマスが近づき、恋愛☆日和のこの季節。

お出かけ前の鼻毛チェックを心がけましょう。






   

復活おめでちょん

スポンサーサイト
別窓 | 体験 | コメント(18) | トラックバック(1) | ↑top
| 虚言症の戯言 |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。