スポンサーサイト
--/--/-- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告 | ↑top
生協の黒田さん
2006/05/10 14:21
昨年、一世を風靡した「生協の白石さん」。

今更、彼についてあれこれ語るつもりはないが、

独自のヒューモアには、ただただ舌を巻くばかりである。



その彼を紹介しているブログの人気が引き金となって、

自分の大学の生協に設置されている「ひとことカード」に、

自然と目を通してしまうようになった人もいるのではないか。



かくいう僕も、恥ずかしながら、その傾向を否定する事はできない。

いちブロガーとして、ブログの影響力を一緒にかみ締めたいものである。



そして、ちょっぴりお調子者の僕は、

生協に対して質問カードを書く事にした。



もちろん冷やかしではなく、ちゃんとした意見、としてである。



大学生協の食堂のメニューが全国で統一されているかは知らないが、

我が大学には「パワー丼」なるメニューが設置してある。



豚肉とニラを炒めて、その上に温泉たまごをのせてある一品で、

いかにもパワーがつきそうなこの丼は、人気のメニューでもある。



僕もよく食べるのだが、多少、疑問に思う点もあった。

思い切って、僕はその事を一言カードへ書いてみた。






Q.パワー丼を食べても、ちっともパワーが出ません。どうしてですか。

生協のみなさま、どうかオラに力を分けてください。(パイション木村)




A.それは残念ですが、パワー丼に頼るばかりではいけません。

だからと言って、地球のみんなに分けてもらうことは到底不可能です。

結局は、しっかりと睡眠時間確保する事が一番だと思います。

ちなみに当店、仙豆は置いていません。あしからず。(黒田)





突っ込みどころは山ほどある。





まず、僕の質問に無駄に答えすぎている。

確かに僕は、元気玉を作りそうな質問をしてしまった。

それは否定しない。





だからと言って、仙豆の話はいらないと思う。





いや、これは黒田さんの親切心かもしれない。

僕は至極真面目な質問をしたつもりであったが、

黒田さんは「ネタ」として捉えたのかもしれない。



それゆえ、僕に気を利かせて、粋な回答をしたのであろう。

きっと、そうに違いない。



白石さんも、自分が有名になりたいがために、

あのような回答をしているわけではない。


学生たちのくだらない質問にも、誠意を持って答えよう。


そんな気持ちがあるのだと思う。




僕は、少しでも黒田さんを疑ったことを恥じた。

腹を切って詫びる事すら考えた。




そして、その黒田さんの誠意ある他の回答を見てみようと、

僕は隣に貼られてある質問カードに目を移した。




Q.生協の白石さん、有名になりましたね。

皆様はどう思われていますか?(特命希望)





A.面識のない私としても、とても喜ばしいことです。

センス溢れる回答に、職員一同も虜になりました。

どなたか、当生協の掲示板の事もネット上

紹介してくれないでしょうか。(黒田)












腹黒っ。







スポンサーサイト
別窓 | 戯言 | コメント(40) | トラックバック(1) | ↑top
| 虚言症の戯言 |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。